月別アーカイブ: 2月 2018

ヘアケアは毎日の積み重ねが大切!だからシャンプーにこだわる

人の肌は年を取るごとに、皮膚組織のターンオーバーが遅れてくるそうです。

例として40代は20代に比べるとその日数は2倍もかかります。

古くなった皮膚がなかなか押し出されずいつまでも剥がれ落ちないので、徐々にシミが増えたりくすむのも当然でしょうね。40代になってからは付ける化粧水だけではなく、拭き取り化粧水や時々ピーリングも始めています。

今は少しづつくすみが消えて顔色が明るくなった様な気がします。やってみてはじめて実感しましたが、おすすめです。

年齢を重ねると頬のたるみやほうれい線、目元のしわなど気になるところが増えますよね。

年々老けていく自分の顔にショックを受ける事もありますよね。

エイジング化粧品でお手入れを行っていますが、いまひとつ有効性を感じる事ができないので人前でやるには恥ずかしすぎるフェイスヨガで表情筋のトレーニングを続けています。一人で居られるお風呂の時間に日常生活では使っていない筋肉も使用するように様々な表情で筋肉を鍛えたり、マッサージでほぐしたりしています。始めたころより顔が引き締まったような、ほうれい線は鏡を見ても気にならなくなりました。私の場合は産前ではなく産後から、顔中にニキビのようなものが広がってしまいました。
よく子どもを産んだ後に体質が変わるという話を聞きますが、まさか自分までもが身体に出ると驚きました。
子供にはミルクを使わずに母乳のみにしていたので出来るだけ赤ちゃんに影響が出ないよう薬の類は避けたかった為保湿のみで乗り切る事にしました。
家事も育児もやることが多くて苦労しますが、保湿だけは忘れずに毎日続けたところ、顔面に沢山現れていたニキビのようなものは少しずつ良くなってきました。
洗顔をしたらすぐに化粧水をつけるのが効果的です。
洗顔後の肌は潤いをなくしてしまいます。水滴をタオルで優しく拭き取り、手で優しくおさえるようにつけます。お風呂上りにつける場合も、服を着る前につけた方が良いでしょう。

これだけのことで、次の日の朝の肌の弾力が全く違います。普段使いの化粧水でも効果は充分に感じられます。秋も終わりに近づき、寒くて仕方のない冬の到来が間近に迫る今日この頃。冬特有の寒さと乾燥からお肌を守る準備、皆さんはもう済まされましたか?冬は乾燥肌、敏感肌さんにとってはとっても厳しい季節です・・・。
まずスキンケアに大切なことはズバリ「保湿」です。様々なところで聞いているとは思いますが、他の季節以上に冬は保湿するようにしましょう。

マスクやマフラーなどで顔のお肌を寒さから守ったりするのも良いですし、潤いキープのためにスポーツでじんわりと汗をかくことも大事です。また化粧水はなるべく”弱酸性”のものを選ぶとよいでしょう。今年こそ頑張ってくすみのないふんわり美肌を作りましょう!乾燥肌の方にありがちなのが、化粧水や乳液をつけすぎてしまうということ。
ある化粧品会社で、お化粧を指導して頂いたことがあり、、プロのメイクアップアーティストさんから乾燥肌の場合はメイクを落とすところから変えてみるのがいいと教えて頂きました。乾燥肌の人はメイク落としを肌に負荷を掛けにくいミルクタイプのものにすると良いそうです。
シートタイプのメイク落としもありますが、これは肌を傷めやすいため日常的に使用することは控えるべきだそうです。

ぜひメイク落としをミルクタイプに変えて乾燥肌から脱しましょう。

毛穴が詰まっている感じがする時、十分に汚れが落ちていない可能性があります。メイクで塗ったファンデーションが、それがクレンジングで落としきれない場合に毛穴に蓄積されます。

そこでキチンと落とすためにはベビーパウダーが役に立ちます。スクラブ洗顔になるのでしっかりと泡立てると、ベビーパウダーがスクラブの働きをしてくれて、汚れをきれいさっぱり落としてくれます。

もっとも効果を得たと感じたのは、顔の筋肉のストレッチとトレーニングです。顔のお肌の老化防止には、衰えの現れてきた表情筋の筋トレにより、顔の皮膚にできてしまったシワも薄くなりツヤ肌に改善されたように感じます。
顔の一つ一つの筋肉を意識して行うことによって、特に効果がよく現れました。

年齢を感じさせない美しさを保つには、一番目立つ顔や首のシワを少しでも薄くすることが大事だと思います。
顔の筋肉を鍛えていくと、肌のたるみやシワを改善する効果が見込まれます。暇さえあればどこでも、いつでも身一つで手軽に取り組めるところが魅力的です。

スキンケアの基本は洗顔です。
自分の洗顔を見直し正しい方法で行うことこそ、綺麗なすっぴん肌を手軽に手に入れることができるのです。洗顔というと手で洗うものと思いがちですが、それは間違いです。
正しい洗顔とは泡立てた洗顔料で優しく顔を洗うことを言います。
顔と指が直に触れないように、モコモコの泡を顔に転がすようにして行うと綺麗なお肌を手に入れる適切な洗顔方法になります。
洗顔したらできるだけ早く化粧水を使用し、乳液あるいは美容液などを使ってしっかりと保湿するようにしましょう。妊娠線はできたら一生消えない!こんな話を聞かされたことがあったので、妊娠がわかってすぐから妊娠線対策をしていました。ノンシリコンシャンプー おすすめ 市販 ランキング
妊娠線は大きくなるお腹周りや太ももに現れやすいので、伸びのいいボディミルクやオイルを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。使用したボディケア用品は低刺激で妊婦でも安心して使えるものでした。

この結果、妊娠線が一つもできませんでした!出産から3か月が経ちましたが、引き続きボディケア用品を使ってお腹をマッサージしています。